HOME久賀島掲示板
  やまももの木  2017年4月30日(日) 23:38
[修正]
こんばんは。
島も桜やツツジなどいろいろな花が咲いて綺麗でしょうね。
新緑の写真も心が和みます。
10年ほど島の桜を見てないので、いつか実物を見に行きたいです。
グミの花の写真がありましたが、
グミで秋に食べられる小さな(かなり酸っぱい)山グミ以外に、
6月頃に食べられる割と大きいものがあったような記憶がありますが、
記憶違いですかね。
(今日の「NHKのど自慢」は福江からでした。その冒頭、旧五輪教会が短い時間でしたが、出て良かったです)

 グミありましたよ 坂谷伸子  2017年5月1日(月) 20:41 [修正]
やまももの木さま
大きいグミもありましたよ。庭先に植えていました。
そのグミは美味しかったですね。
今年は、薄い黄緑のシイの花も目立ちます。
独特の香りが漂っています。
今年は、実のなる木に花が沢山咲いています。
実のなる木に花が沢山咲くと、台風が多いといいますが、外れるといいなあと思っています。
のど自慢は、見るのを忘れていました。がっかりしました。

  nori  2017年4月29日(土) 19:58
[修正]
新緑の美しい季節になりました!
グミの花やスミレなど、私の近くでもよく目にします
今では島の風景もすっかり初夏の感じですね
眩しく輝いている山や海が私は大好きです!

 新緑が綺麗です 坂谷伸子  2017年4月30日(日) 10:46 [修正]
noriさま

新緑の美しさは、花にも勝るとも劣らないくらいです。
空気もいいですし長生きしそうです。
海や山は、私も大好きです。

 久賀島の海上交通お教えください 竹内博輝  2017年4月11日(火) 14:39  Mail
[修正]
こんにちは
島の状況について伺えそうなので書き込んでみます。(適していなければ削除してください)。また、もしかしたら過去の投稿にあったのかも知れませんが、その時はお教えください。
 
GWに五島列島縦断を計画しております。なるべく自転車で行きたいのですが、久賀島では、福江−田ノ浦の船を降りて、陸路北上、蕨町まで行きます。その後蕨町から船で奈留島へ渡る方法はないでしょうか?航路を見たところやはり田ノ浦に戻り、福江まで船で戻ってから奈留島へ渡る方法以外はないでしょうか?
宜しくお願いします。

 蕨町から奈留島へは 坂谷伸子  2017年4月11日(火) 23:09 [修正]
竹内博輝 様

五島列島の縦断計画をたてておられるとのこと、有難うございます。
蕨町から奈留島は、すぐ目の前に見えます。見えるのですが、定期船で行くとしたら、田の浦から福江へ戻り、そして奈留島へ行く方法しかありません。
もし、時間を短縮したいとお考えでしたら、海上タクシーという方法があります。定期船よりは、お高くなりますが。
他にお尋ねがございましたら、何でもどうぞ。

 他にお尋ねがありましたら 坂谷伸子  2017年4月12日(水) 9:16 [修正]
竹内博輝

他に何かございましたら、HPのメールにメールしていただけると詳しくお伝えします。
五島列島は、どの島でもそれぞれ特徴があり素晴らしい島です。
おいでいただくと嬉しいです。


 ありがとうございました 竹内博輝  2017年4月16日(日) 11:39  Mail[修正]
坂谷様
その後も島の渡航宿泊に関しての活きた情報、ありがとうございました。
旅行計画を立てるのに大変参考になります。
御礼申し上げます。


 こんにちは やまももの木  2017年4月5日(水) 6:10
[修正]
こんにちは。
今年も、島に桜が咲き、田おこしをする季節になったのですね。
桜は何分咲きくらいですか?
昔は牛で耕作していましたが、今は牛は使われないんでしょうか。
昔と変わらない風景があって、心がウキウキします。
前回のブログで五輪墓地が出ていました。
以前NHKの番組で五輪真弓さんがここの墓参をされていました。
その1年ほど後で私も初めて立ち寄らせて頂きましたが、綺麗に清掃されていました。人も少なくなっていてもその整美をしてくれる人がいらっしゃるのですね。
PS:長丸は「宮ノ鼻」(折紙神社や農協の近く)の波止場が終着地でした。私たちは伊王丸の利用が多かったのですが、長丸を利用する親戚もいました。電報で「7ヒ カエル ムカエ タノム」とあってその日浜脇に迎えに行くと居なくて、長丸の利用と言う事が分かり慌てて久賀に急ぐと、もう客は途中まで歩いていた事がありました。その後、長丸で帰るときの電報は「7ヒ オサマルカエル ムカエヲ」となったりしていました。
湾内で泳いでいて、長丸が来るとその50cmほどの波が来るのが面白く、それに向かって泳ぐ事もありました。
遠い昔の話です。

 有難うございます 坂谷伸子  2017年4月5日(水) 20:42 [修正]
やまももの木さま

宮の鼻が執着地だったのですね。
電報、懐かしいです。実は私の父は郵便局に勤めていました。
昔は宿直があり、電報配達などもしていたことを思い出しました。
今では、携帯電話でいつでも連絡ができますが、昔は電報でしたね。

現在、五輪は2家族4人です。その方たちが、墓地や教会をいつも綺麗に清掃してくれています。有難いことですね。

 母に「長丸」のことを聞いてみました。 梅木 晃  2017年3月21日(火) 10:10
[修正]
「長丸」という船は余り走っていなかったという事です。
その前に「長福丸」という船が走っていて、戦前から戦中随分走っていたようです。
母は「長丸」に乗った記憶が無いそうで、「長福丸」をよく使っていたそうです。戦争中に爆弾で撃沈されたそうです。この「長福丸」が久賀に行ったり、玉の浦や岐宿にも寄っていたんじゃないかなー、と言っています。
残念がら「長丸」についての情報は得られませんでした。
「長丸」は最後はどうなったのかなー、という事で知らないようです。
私が物心ついたころには「椿丸」と「楓丸」ですから、私の記憶にも「長丸」はありません。

 有難うございます 坂谷伸子  2017年3月22日(水) 17:23 [修正]
梅木晃さま

長丸(おさまる)は、深浦から出港して蕨を経て奈留島に行っていた船ですので、田の浦や浜脇の皆さんは、ご存じないかもしれませんね。お母さまに訊ねてくださってありがとうございます。
昔は、久賀島内の道路事情が悪かったので、蕨方面の皆さんは奈留島に行く方が多かったようです。
奈留島に面した地域の方が利用した船のようです。
「椿丸」「楓丸」は、懐かしいです。長崎に行くときに乗っていた記憶があります。

  nori  2017年3月24日(金) 23:01 [修正]
私の記憶もあやしいのですが、浜脇〜福江間は伊王丸だったと思います
久賀〜奈留〜福江に行くためには長丸しかなく、奈留〜福江に向かう途中、あとから奈留を出た発昇丸にスイスイ抜かれて悔しかった
木造船(長丸)と 鉄鋼船(発昇丸)はほぼ同じ大きさで、九商の楓丸は当時はかなり大きく見えていました
奈留に叔父がいるので、長丸にはよく乗っていましたよ
深い海の色が忘れられません

 ありがとうございます 坂谷伸子  2017年3月25日(土) 23:19 [修正]
noriさま
 昔は、道路が整備されていなかったので、蕨の人たちは奈留島の病院へ行っ
 たりしていたと聞きました。
 当時の船の違いなどをお知らせいただき有難うございます。
 

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9
全 102件 [管理]
CGI-design